Yoshihiro Hosokawa

未分類

IT開発のチェックリスト(プロジェクト管理編)

ITプロジェクト成功のカギは、事前にリスクを予測して対応を考えておくこと。こんなチェックリストを元にリスクを”狩り”にいきましょう。
未分類

要件定義の請負契約って危険?

IT開発において、さて、どんなシステムを作ったらよいかを決める「要件定義工程」。これを請負契約で受けてしまうと、ベンダーは、大きなリスクを負うことになります。システム開発が失敗したとき、準委任で要件定義をしておけば負わずにすんだ、膨大な修正費用を、請負だとベンダーが背負うことにもなりかねない。。。そんなことがあるんです。
未分類

IT開発のリスクチェック(プロジェクト計画編)

ITプロジェクトの計画書作成時点でのリスクチェック項目を列挙しました。
IT開発

あなたのIT契約、請負ですか?準委任ですか?

最近のアジャイル開発などで良く使われる準委任契約。しかし実際には、準委任と請負の「悪いところどり」をしたようなシステム開発も多く、特にベンダー側が苦しい思いをすることも多いようです。実際におきた裁判も反面教師に、曖昧な契約はやめるようにしましょう。
未分類

要件通りに作っても、ITベンダが裁判で負ける?

とりあえず、ユーザの言うとおりにシステムを作ったのに、こんなんじゃ金を払わんと言われて、訴えられて、挙げ句、敗訴・・・・そんなことってあるんでしょうか?なぜなんでしょうか?
未分類

ユーザーのワガママでITプロジェクトが潰れても、ベンダーの責任になるって知ってますか?

要件凍結なんてなんのその。開発中にユーザが次々と要件を追加したり変えたりして、結果的に壊れてしまったプロジェクト。それでも、その責任はITベンダー側にあるってどういうことでしょうか?
未分類

頼まれてもいないセキュリティを実装するのもITベンダーの責任?

ITベンダーの仕事は、定義された要件や仕様通りにシステムを作ること。。。だと思っていたのですが、それだけじゃ足りない!とユーザーが訴えてます。セキュリティなんて素人にはわからないんだから、ベンダーさんが気を利かせて作っといてよ。というのですが。そこまで必要なんでしょうか?
未分類

「社員が作ったセキュリティホールだから会社は知らない」って・・・そんな会社あるんだ。

ああ自分はこんな会社に勤めてなくて本当に本当に良かった。。。と思ってしまう裁判のお話です。社員が作りこんでしまったセキュリティホール。だからって会社が、そんなん社員が悪いんだから知らない。。。なんて、こんなことがまかり通るなら、個人で損害賠償せなあかんってことになってしまいますが。。。
未分類

ITベンダーが出す「わび状」は裁判で有効?

ITプロジェクトがトラブってしまったとき、ベンダーの方から「私達が悪うございました。」とお詫びの文書を出すことがありますが、あれって本当に自分たちの非を認めた証拠になるんでしょうか?よく裁判でも、ユーザーサイドが「わび状出してるってことは、自分の非を認めてるんだろ?」と迫ったりしますが、それって本当に。。。
タイトルとURLをコピーしました